>

不動産会社に相談して選択しよう

法律で決まっている内容

法律では、仲介手数料を請求できる最高金額が決められています。
不動産会社を利用したら、必ずこの金額を支払わなければいけないと決まっているわけではありません。
不動産会社に、法律で決まっているからこのぐらいの仲介手数料を支払えと言われた場合は、拒否してください。
法律で決まっているのは、最高金額だけだと覚えておきましょう。

最高金額以内の金額なら、不動産会社が自由に仲介手数料を決めて良い決まりになっています。
ほとんどの場合は、買ったり借りたりした物件の金額によって決まります。
計算方法があるので、相場ぐらいの仲介手数料なのか知りたい時は自分で計算しましょう。
すると正しい判断ができます。
電卓を使えば、すぐに計算できます。

物件を購入した時の仲介手数料

不動産会社に、良い物件を見つけてもらって購入した場合の仲介手数料はいくらになるのでしょうか。
物件の本体価格が重要なポイントです。
200万円以下の物件を購入した場合は、物件の価格の5パーセントが仲介手数料になるのが一般的です。

400万円以下の物件を買ったなら、物件の価格の4パーセントに、6万円を追加した金額になります。
それ以上の物件を購入した際は、物件の金額の3パーセントに6万円を追加します。
優良な不動産会社なら、きちんとこの計算式に当てはめて仲介手数料を請求します。
仲介手数料を請求されたら、どのような計算が合ってその金額になったのか聞いてください。
理由があってその金額になったなら。納得できると思います。


この記事をシェアする