>

賃貸を借りた時にも発生する

賃貸の家賃を調べておこう

賃貸の情報を不動産会社に聞いて良いところが見つかった場合は、仲介手数料を支払ってください。
仲介手数料は、家賃の1か月分に消費税を追加することで算出できます。
簡単なので、自分でもできますね。
家賃が高くなると、仲介手数料も高くなると覚えておきましょう。
予算を考えて賃貸を探す人が多いと思いますが、仲介手数料が発生することを忘れないでください。

予算が少ない人は、なるべく家賃の安いところを選択してください。
すると仲介手数料も安く済むので、少ない予算内で全ての金額を無事に支払えます。
不動産会社に聞くと、家賃が安くて立地条件の良いところをたくさん教えてもらえます。
情報を多く提供してもらっても、仲介手数料は変わらないので安心してください。

誰が仲介手数料を支払うのか

基本的に、仲介手数料を支払うのは賃貸を借りた側です。
しかし不動産会社によっては、賃貸を借りた側から半分請求して、もう半分は賃貸を貸す側から請求することがあります。
余計な出費を抑えて賃貸を探してもらいたいと考えているなら、そのようなシステムの不動産会社を使ってください。
不動産会社は、賃貸を貸す側にお客さんを紹介しているという考え方になっています。

ですからお客さんを紹介してあげた代わりに、半分の仲介手数料を請求します。
それなら、予算が少ない人でも仲介手数料のことを気にしないで、好きな賃貸を選択できるかもしれません。
不動産会社に希望通りの賃貸を探してもらう前に、仲介手数料のシステムを詳しく聞いてください。


この記事をシェアする